電力の自由化で電気代とインターネットのセット割が始まる。

来年4月より電力の小売りが全面的に自由化される。
それに伴って中部地方でもガス会社や商社などに交じってKDDIもauでんきとして電力の販売に参入してくるようだ。

以前よりKDDIはau携帯電話とauひかりをセット販売している。
auひかりを使用していればauの携帯電話を家族1人につき2000円程度割り引いてくれるという太っ腹なサービスだ。

来年4月からはこれに加え、auでんきもセット販売し、さらなる割引で顧客の囲い込みにかかるつもりだろう。

家計におけるインターネットやスマホなどの通信費の割合はひと昔前と比べるとずいぶん増えて相当な額になって家計を圧迫している。

インターネット代などの通信費を抑えたい人は多いので顧客を囲い込む手段としてセット割は有効な方法だ。

ただ、インターネットの販売方法はますます複雑で選びにくくなることだと思う。

インターネット回線をどこにするか迷っているならインターネット回線おすすめランキングを参考にしてみてはどうだろうか。

コメントは受け付けていません。